気がついたら青系の服ばかり買ってる

若い時はもうちょっと色のバリエーションがあったはずなのだが。
年齢を重ねると思考が凝り固まってしまっているのだろうか。
私は青系の洋服を好んでよく買っている。

青といっても実際はネイビー。
スーツ等のビジネス服からカジュアルまで、ネイビーがラインナップされていない商品ってのは少ない。
気に入ったデザインの服があれば、まずネイビーカラーが存在するのは大きいのだよね。

しかしクローゼットの中が青系一色で染まるのはどうにも寂しい気がする。
申し訳程度にグレーや黒の服もあるのだが、それは一昔前に買った服たち。
最近買ったものはほぼネイビー。インナーとして白のシャツとかはもちろんあるけどね。

アウターやらジャケットやらは青系で統一するルールでもあるの?ってくらいの勢いだ。
まーこれが何か問題ってわけでもないんだけどね。
他人からはいつも同じような服着ているよね~って思われるかもしれないが、それは特に問題ない。

何しろファッションってのは最低限のTPOさえ満たせばあとは自己満足だからだ。
青は良い、海のような深みがある。全てを受け入れてくれるような懐の深さを持ち合わせた色。
そろそろ腕時計も青文字盤にしてしまいそうな勢いだ。

グランドセイコーにも青文字盤があると聞いてかなり物欲が刺激されている。
そのうちブルーマンと呼ばれる日も近いのかもしれない。
今度色に関する好みが変化することがあるのか、自分でも興味がある所だ。